生まれてから死ぬまでプリンセス

禁煙にはげむ、現役介護士のブログです!!趣味で神社やお寺巡りをしています。

介護士としてのやりがい

こんにちわ!あゆむです!

あゆむ🐱介護ライター (@ayumuchon) | Twitter

 

 

私は病院で介護士として勤務していました。

介護職になってから、多くの文句をたれていました。

「夜勤がつらい」と感じるようになってきた介護士の話 - 生まれてから死ぬまでプリンセス

自律神経失調症で不眠なので睡眠薬をのんでます - 生まれてから死ぬまでプリンセス

 

そんな文句を垂れていましたが、仕事自体は好きでした。私自体は介護の仕事が好きでやりがいがあってお仕事をしていました。

 

今回は介護士として働いていて、魅力やりがいを感じるなと思うところを紹介していきます。

 

 

 

人と携わる仕事だから一生懸命になれる

 

介護士として働いていて魅力・やりがいを感じる点の1つ目は、人と携わる仕事だから一生懸命になれることです。

 

介護の仕事はほとんど、患者様や利用者様に接する仕事です。ものを扱うことはありません。業務のすべてが人と関わります。

 

加えて、介護の仕事は人間の尊厳を大事にしなくてはなりません。オムツ交換や入浴介助をするなら当然のことですよね。

「どうすれば相手に不快感を感じさせないか?」「嫌な思いをしないか?」などです。

 

そのうえで相手によかったと思ってもらう必要があります。

なので一生懸命、お仕事をします。

 

ありがとう、うれしい

 

f:id:ayumuchonchang:20191119233644j:image

 

介護士の魅力・やりがいを感じることの2つ目は「ありがとう」と言われることです。

介護職のもらうありがとうには他の業種違う感謝の言葉だと考えます。

 

先ほどにも述べたように介護の仕事は、利用者様の様々なことをお手伝いします。そこでは相手のことをたくさん思ってすることですね。

 

利用者様のことを考えて頑張って、介護してその相手から「ありがとう」と言われたら嬉しいですよね。嬉しくないわけありません。私はとてもうれしいです。

 

自然とこちらも笑顔になってきますよね。

 

勉強をし続けられる

 

f:id:ayumuchonchang:20191119233540j:image

 

介護士の魅力・やりがいの3つ目は勉強をし続けられることです。介護の現場は常に進歩しています。食事介助や体位変換などの知識も常に変化します。

 

なので、介護職を辞めるまで勉強する必要があります。

 

そこがいいところだと私は思うのです!なぜなら、同じこと延々とやり続けるのは楽しくない。数年、長い人だと数十年と同じ業種で仕事をしているとつまらないですよね。

 

ただ、会社へ行っていつもの同じような仕事をして帰る。というのは私には耐えられません。

 

介護の現場は進みつつあるので。仕事は勉強することができます。なので、介護の勉強をしていてとっても楽しいです。

 

活躍の場が多い

f:id:ayumuchonchang:20191119233518j:image

 

介護士の魅力・やりがいの4つ目は活躍の場が多い。

介護職は常に人手が不足しています。加えて、介護職が活動できる場所は本当に多く存在します。

 

求人も多くでているので、もし職を失ったとしても大丈夫。

一度仕事を離れたとしても、再度介護の仕事に就けるというのはうれしいですよね。

 

人生の先輩と話せる

 

f:id:ayumuchonchang:20191119233411j:image

 

介護士の魅力・やりがいの5つ目は人生の先輩と話せることです。

利用者様は人生の大先輩です。なので、さまざまな経験をしてきた人ばかり。

 

私たちが知りえなかったことを教えてくれます。

 

また、時には私の相談相手になってくれる方もいました。

時には私が大変そうなときにアドバイスをくれる方もいました。

 

辞めてしまった今も、その言葉にはげまされていることもあります。

 

まとめ

 

 

介護士として仕事をしてきてのやりがいや魅力についてお話ししました。

これらのことから介護の仕事はとても尊いなと私は感じます。

 

今はもうやめてしまいましたが。。。。

労働環境や人間関係が良ければまたやりたいなと思っています。